当てはまったら要注意!オーストラリア移住に向いていない人の特徴7選

海外での生活憧れる!一度はやってみたいという方、大勢いらっしゃいますよね。

特にオーストラリアの気候はとても暖かくて晴れている時が多く、なんと言ってもエメラルドグリーンのような綺麗な海に囲まれているオーストラリアでの生活に憧れを抱いている方も多いのではないでしょうか?

 

私もオーストラリアで生活をしてみて感じたことは、天気がすごく気持ち良くて海がきれいで、サンセットが美しくて夢に見たようなスローライフのような生活!

そんな感想を持ちました!

とにかくオーストラリアはゆったり過ごすには完璧な国だと思います

オーストラリアが暮らしやすくて良い国だという事はわかったけど、逆に住んでみて、こんな人には不向きなんじゃないのかな?と感じたことはどんな事?

Akane
Akane

 

たしかにスローライフを過ごせて憧れの海外生活だけれど、全員が全員に当てはまるわけではなく向き不向きがあるんだろうなと住んでみて感じました。

 

今回はこんな人はオーストラリアでの生活は向いてないのかなと思う特徴をいくつか挙げてみます。

あくまでも個人的見解です。

 

普段自炊をあまりしない、外食が好きな人

 

これは1番最初に思いつきました(笑)

とにかくオーストラリアはレストランやカフェでの外食費用がとても高いです!

西オーストラリア州でローカルカフェ巡り☆お勧め5選!ココで決まり
西オーストラリア州の州都と言えばパースです。パースは”世界で最も美しくて住みやすい街”として賞賛されており、観光だけでなく移住地として人気を誇っています。最近ではANAの成田空港からの直行便も就航し日本からのアクセスもしやすく、観光として西...

こちらの記事を参考にしていただければ想像がつくのではないかと思うのですが、2人でランチに行くだけでこんなに食費がかかります。

 

私もオーストラリアに住んでいたころ、お気に入りのタイ料理屋さんがあったので時々夕ご飯に食べに出掛けていましたがそこではパッタイが18ドルでした。

ファストフードのチェーン店ですらバーガーとポテトとドリンクのセットを頼むと軽く10ドルは越えるかと思います。

特にオーストラリアでは祝日に外食をすると15%サーチャージがかかります。

そして日本でワンコインで食べられるような牛丼屋さんやお弁当屋さん、100円すしのお店もないので、毎日外食をしたいという人にはオーストラリア生活は向いてないんじゃないかなと思います。

 

せっかちな人、時間に厳しい人

これはもう想像つくのではないでしょうか?

人に寄るというのもあるかもしれませんが、オーストラリアではバスや電車が時間通りに来ないのは当たり前の日常です。

私がオーストラリアのアパートに住んでいて水漏れの修理を依頼した時は約束の時間になっても来ず、3時間後にようやく電話がかかってきたと思えば今日は行けそうにない、次行けるのは2週間後になると言われました😅

オージーはなんて気まぐれなんだろうと思いました。(笑)

それでもあまり気にならないという方であれば問題ないかと思います。

物事をはっきり言えない人

オーストラリアで仕事を探して暮らしていくとなるとやはり自分をアピールしていかなければいけません。外国人というのもあるのでなおさら、自分はどんな人でどんな考えを持っていて、こんなことがしたいと強くアピールがでできないとオージーの人たちと上手くやっていくのは難しいです。

日本人特有の察する文化だったり言わなくてもわかるというのはオーストラリアでは残念ながら通用しません。

逆にいうと、職場で自分はこう考えている!こんな事がしたいという風にどんどん自分をさらけ出し、意思をはっきり持ってる人は昇格もできたり認められるようになるのが早いと思います。

 

シティガール、シティボーイ

日本の東京で暮らしていて、大都会で暮らしたいという方には不向きかもしれません。

オーストラリアにも州都といってそれぞれの州に都市はありますが、ニューヨークや東京のような大都会というわけではないかもしれません。

 

シドニーやメルボルンも都会ではありますが、そこに住むとなるとそれなりに生活水準も上がります。家賃も高い割には築年数が古くて汚れや破損が見られるといった物件も少なからずあります。

そういう面で妥協ができるというのであれば暮らしてみても良いかもしれませんね。

 

ファッション、美容だけは譲れないという人

オーストラリアにもオシャレなブティックも沢山あり、日系の美容室やビューティーサロンも沢山あります。

とはいえ、日系の美容室やまつエクサロン、ネイルサロンに通うとなると結構出費がかさみます。

私もパースにある日系美容室に行きましたがカットカラー、トリートメントで300ドルほど支払いました。

日本で美容室に通っていた時は、カラートリートメントで1万円ちょっとくらいだったのでオーストラリアでは高いなと感じました。

それに加えて、オーストラリアの水は硬水なので髪を洗う時もとても大変でした。

シャンプーをしても泡立たないし、リンスをしてもクシが通らずそれが耐えられなくなり伸ばしていたロングヘアをばっさり切ってしまいました😢

 

食事が合わない人

オーストラリアは移民が多い国なので、多国籍料理店も沢山あり都市に行くとアジアンスーパーや日系スーパーもあります。

ただ日本食スーパーも日本で買うより値段は高く毎日そこで買い物するという訳にはいかないと思います。

ですので、日本食じゃないと絶対に無理!という方は厳しいかもしれません。

日焼けをするのが嫌な人

日本人女性は美白に憧れる人が多いですよね?

そのため、日焼けは絶対にしたくないという方はオーストラリアでの生活を楽しむのは難しいかもしれません。

オーストラリアは紫外線が強いことで有名で夏だけでなく冬も常日ごろから日焼け止めをつかいます。

日焼け止めを塗っていても特に夏は日焼けをします。

 

 

いかがでしたでしょうか?

あくまでも個人の意見ですが、人ぞれぞれ感じ方や捉え方があるので一概にオーストラリア移住をするべきではないとは思いませんが実際に私はオーストラリアに住んでみて上記のことを感じました。

オーストラリア移住をするメリットももちろん沢山あるので、これから、ワーホリ、留学、お仕事等でオーストラリア生活をスタートする方には是非楽しんでもらえたら幸いです!

 

 

 

 

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新情報をメールで受信できます!

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。