ワーキングホリデー,  海外生活

【1ヵ月の給与大公開】!オーストラリアワーホリでローカルジョブでこれだけ稼げます!

オーストラリア生活、オーストラリアワーホリ情報を配信しているAkaneです☺

今日は皆さんが気になっているんではないかと思いこちらの話題にしてみました!

 

海外ワーホリを考えている皆さん。やっぱり何より不安なのはワーホリで生活していけるか?実際どのくらい稼げるのかじゃないかなと思います。

このブログを見てくれている皆さんだけに私のワーホリローカルジョブの給与を大公開しちゃいます!

 

本題に入る前に、オーストラリアの雇用形態についておさらいしておきますね。

 

オーストラリアでは主に3つの雇用形態があります。

  • Full time・・・週38時間以上の勤務が保証されていて日本でいう正社員のような雇用形態です。基本労働時間は週に5日が一般的です。年次休暇や有給休暇が年に4週間保証されています。
  • Part-time・・・週38時間以上の勤務は保証されていません。勤務時間はフルタイムよりも短くなります。年次有給休暇は勤務時間数に応じて与えられます。また1日の労働時間は3時間以上と定められています。
  • Casual・・・勤務時間は不規則かつ、フルタイムやパートタイムのように保証がありません。また年次有給休暇は与えられず、予告なしの契約解消もありえます。しかしカジュアルの場合フルタイムやパートタイムよりも時給が25%高く設定されています。

詳しくはこちらのを過去の記事を見てみて下さいね!

 

 

ートタイムは日本でいうパートに当たり、カジュアルはアルバイトのように思って頂けたら良いと思います。

私はカジュアルで働いていました。なので時給もフルタイムやパートタイムより25%高い金額で頂いていました。

ワーホリメーカーはほとんどの場合カジュアルだと思います。

 

Akane
Akane
実際いくらくらいお給料もらっていたの?

 

それでは本題の給与を大公開しちゃいます。

私が働いていたのは、個人経営のハンバーガー屋さんでした。

平日は時給26ドル、土日31ドル、祝日52ドル頂いていました。

※1オーストラリアドル=83円(令和3年3月現在)

 

オーストラリアでは土日の時給は1,2倍になり祝日は2倍です。

この違いすごく大きいです。ちなみに私は他の場所でも仕事をしていたのでこのバーガーショップでは週末の金土日のみのカジュアル勤務でした。

10時から14時まで勤務をして中抜け時間4時間休憩をしてまた18時から大体23時半までというシフトでした。

これだけでも結構稼げます。

 

特別に私のPay slip(給料明細)を公開します。

大体いつもはこれ以上貰っていたかと思います。

オーストラリアでは2週間に1回給料日があるので2週間で1679ドル。ワーホリ所得税を差し引いて1427ドル貰っていました。

2週間でこのくらい頂けてれば結構良いんじゃないかなと思います。

貯金もしながら、生活も苦しくはならないです。

私は土日や祝日も積極的に働いていたのでそれも大きかったんじゃないかなと思います。

でも仕事自体楽しかったので苦はなかったです☺

 

そして私は西オーストラリア州の郊外に住んでいたので、仕事環境面ではすごく恵まれていたかと思います。

最低賃金を守らなかったり違法労働をさせられるような事は全くありませんでした。

中には都市部では最低賃金を守らずキャッシュインハンドと言って現金手渡しで給与を支払う悪徳なお店がある実態もあります。

 

都市部の方がやっぱり職は沢山ありますし、すぐに見つかるかもしれませんが違法に労働させられるというのもすごくよく耳にします。

いかがでしたか?

皆さんどうか、ルールを守って楽しくワーホリ生活を送って下さい♡

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新情報をメールで受信できます!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください