ライフスタイル

【犯罪に巻き込まれる可能性も!?】オーストラリアで絶対にやってはいけない7つのこと

皆さんこんにちわ!オーストラリア生活、オーストラリアワーホリ情報を発信しているAkaneです♪

 

日本では何気なく日常でやっている事だったり、当たり前の行動でも海外でやってしまうととても危険で犯罪に巻き込まれてしまう可能性もあります。

決して皆さんが悪いのではなく、それぞれの国によってするべきではない事やしてはいけない事がありますよね!

今回は是非オーストラリアに行く前に知っておいて欲しいことを皆さんと共有したいと思います。

私物を置いて場所取りをしない

日本ではごく普通の日常ですよね!

カフェに行って注文する前に席を確保したいので荷物だけを席に置いて注文に行きます。でもそれは日本でだけ許される事です。

オーストラリアでは違います。

貴重品がそこになくとも絶対にしないで下さい。

海外の人からすると物を置いて目を離すのなんてありえない!と感じるのだそうです。

いつ盗まれてもおかしくないと言っても過言ではないですよね。

私も、日本でこれをやることはよくありますが海外では絶対にやめようと心に決めています。

 

財布やスマホをズボンの後ろポケットに入れる

これは本当にキケンです。

盗難被害に遭う可能性が高いので財布やスマホをズボンの後ろに入れるのはやめましょう。

ショルダーバックを持っていればチャックを必ずして自分の前で背負うようにしましょう。

リュックも同様に必ずチャックをして、人が多いところでは前側にかけて背負うことをお勧めします。

スリをやる人は私たちに気付かれないように一瞬の間にスリ行為をするので気を付けて下さい!

 

Fワードなど汚い言葉を使うこと

この言葉を聞いてピンとくる人もいると思います。

私は日本人が日本でもふざけてこの言葉を使っているところを目にします。

日本人からするとみんな使っているし、重みがなく感じることかもしれませんがネイティブの人にとってみるとこの言葉を使うのは罵声の中でも1番悪い言葉です。

子供が両親や学校で使った場合、大問題なります。

大人でも軽い気持ちで相手に使うと喧嘩に発展するだけでなく犯罪に巻き込まれる可能性すらあります。

きちんとこの言葉の意味を理解して重みを分かって欲しいです。

Fワードの意味がわからない方はコメントを下されば個別でお教えします!

 

中指を立てること

これも上記と似た内容で中指を立てるのは相手を屈辱することになります。絶対にやらないで下さい!

 

公共の場での飲酒

驚くかもしれませんがオーストラリアを初めとする海外諸国では公園など公共の場での飲酒は禁じられています。

これをすることにより罰金を科せられることもあるので注意が必要です。

 

車の後部座席でも必ずシートベルトを着用する

日本では高速道路利用時は後部座席でもシートベルト着用義務がありますよね。オーストラリアでは後部座席に乗車するときは必ずシートベルトが義務づけられます。

シートベルトをしていないと違反になってしまうので注意をして下さいね。

 

差別的な発言

世界各国で人種差別は大きな問題となっています。

軽い気持ちであっても、悪気がなくとも差別発言をするのはやめましょう。

 

いかがでしたでしょうか?

上記に挙げたもの以外でもそれぞれの国によって、してはいけない事やマナーがあると思います。

最低限のことでも事前に知識があればトラブルに巻き込まれることも避けられますよね。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新情報をメールで受信できます!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください