Trip

【元グランドスタッフが教える】飛行機に乗り遅れそうになったらどうすればいい?対応まとめ

みなさんこんにちわ!

オーストラリア生活、ワーホリ情報について発信をしているAkaneです♪

 

みなさん、国内旅行や海外旅行を含めて飛行機を利用する方も多いのではないでしょうか?

飛行機に乗るのは電車やバスに乗るのと違い搭乗手続きをして手荷物を預けたり、セキュリティー検査もしなければいけない為その分時間がかかります。

その時間帯の搭乗手続きの混雑を避けるためや時間に余裕を持つことを推奨するためおおよそ以下の時間までに搭乗手続きをされる事をお勧めします!

国内線・・・出発時間の1時間前

国際線・・・出発時間の2時間前

上記が空港に着いて搭乗手続きを済ませるべき目安の時間となっています。

上記の時間を過ぎてはいけないという決まりはないですが、個人的にはさらに時間に余裕を持って空港に着いておくことをお勧めしています。

というのは皆さんが空港へ来るのにほとんどの方が公共交通機関を利用して来ますよね。そうなるともし遅延してしまったり、運転見合わせとなってしまうと大幅に着くのが遅くなってしまう可能性があるからです。

車で行くという方もどこで渋滞に巻き込まれて動けなくなってしまうか分からないですよね。

 

こういった事はないようにはしたいものですが、やむを得ない理由で大幅に空港に着くのが遅れてしまいそう。飛行機に乗り遅れてしまいそう。となってしまった時、どうするべきかの対応方法を皆さんに共有できればと思っています。

飛行機に間に合わないかもと思ったらまずやるべきこと

利用予定の航空会社に電話をする

これは何よりもまず最優先にして欲しいことです。ギリギリ間に合うだろうという安易な考え方は捨てて自分の状況をすぐに伝えて下さい。

航空会社職員はその便の搭乗人数や個人情報もすべて把握しています。航空会社側も定刻通りに飛行機を出発させるのが責務なので搭乗手続き締め切り時間が過ぎれば当然チェックインカウンターも閉めてしまいます。なのでとにかく早く連絡をすることが重要です。

 

電話で伝えるべき事

1チェックインに遅れてしまっているという状況と理由(電車が遅れている等)

2自分の予約している便名と搭乗者の氏名

3モバイルチェックインが済んでいるのであればその旨

4電車であれば自分が乗っている路線名と今いる場所(駅名)

5その電車の予定到着時刻

6預け手荷物があるかどうか(手荷物搭載に時間がかかるため手荷物がなければ自分だけ搭乗できる可能性がある)

※航空会社に聞いておくと良い事

何ターミナルか、カウンターの場所(念のため聞いておくと空港に着いてすぐに向かうことができる為)

 

これらを伝えることによって航空会社の職員はあなたが搭乗予定ではいるが遅れてしまっているという状況を理解してくれます。そしてギリギリまであなたのチェックインを待とうと努力をしてくれます!

※連絡をしたからと言って必ず搭乗ができるという保証ありません。

 

これらの連絡をする以外で航空会社に連絡をするべき理由は、無断で搭乗を放棄・無断キャンセルをすると場合によってはノーショーペナルティー(手数料)を科せられる場合があります。

明らかに間に合わないときや航空会社側に搭乗手続きは受けられないと言われた場合は必ずご自身でキャンセル手続きをして下さい。

 

私が航空会社で働いていたときに、よくこういった場面に遭遇したごとがあります。

当日は何が起こるか分からないので慌てないように時間に十二分に余裕を持って空港に到着することをお勧めします!

空港に来てからその便が遅延しているというような場合もありますが、少し待つ分には乗り遅れてしまうよりずっと良いと思うので是非参考にしてみて下さい♪

 

何か質問やほかに気になる事があればコメント欄から質問を頂ければと思います。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新情報をメールで受信できます!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください